ワイは初心者DIYer〜お手軽DIYから難関DIYのわくわく挑戦譜

初心者でもできるお手軽DIYや難易度の高いDIYへの挑戦

♯5 シューズラックをつくる〜ダボ継ぎですっきり組む

 スタイリッシュなシューズラックを安価なSPF材で作るをテーマにして進めてきました。

f:id:mitsunoriful:20201116170557j:image

 前回(8/11)から随分時間が空いてしまいましたが、ようやく作業ができる環境に戻ってきました。

 理由は、夏の間はウッドデッキ製作に勤しんでいたり、最近は仕事が立て込んでいたり、休日は子育てのあれやこれでDIYに割く時間がとれなかったためです。

 

⚫︎ダボ継ぎに挑戦

 ダボ継ぎとはネジではなくダボという木栓を使って木材と木材を繋ぐ手法。木ネジを使わないため仕上がりがきれいになるそうです。

 今回初めてダボを使って繋ぐ方法に挑戦してみました。

 

 では前回の続きからです。

f:id:mitsunoriful:20201116163721j:image

 写真のようにラック部分をつなぐ両脇の足に木材をネジ止めします。相欠継ぎという手法で木材同士が噛み合わさるように加工しました。

 念のため木工用ボンドもつけてます。

f:id:mitsunoriful:20201116164037j:image

 いよいよダボ継ぎです。写真のように付けたいのですがうまくいくでしょうか。

f:id:mitsunoriful:20201116164129j:image

 ダボ穴を空ける専用のビットも購入しました。切れ味がよく8mmのダボ穴がいとも簡単に空きます。

大西工業 6角軸ダボ錐(NO.22) 8mm用mm

大西工業 6角軸ダボ錐(NO.22) 8mm用mm

  • メディア: Tools & Hardware
 

f:id:mitsunoriful:20201116164227j:image

 穴が空いたらダボマーカーという専用の金具を穴に入れて、くっ付ける部分にしっかりと印を付けます。ダボマーカーなしだとダボ穴が微妙にずれてしまうので、このダボマーカーという道具はとて便利です。

f:id:mitsunoriful:20201116164320j:image

 ダボマーカで印を付けた側にも穴を空けてボンドを少し入れたら接着です。

f:id:mitsunoriful:20201116164408j:image

 しっかりつくのかドキドキです。

f:id:mitsunoriful:20201116164432j:image

 少し間が空いているように見えるけどなんとかつきました。

f:id:mitsunoriful:20201116164456j:image

 この調子でラック部分の木材もダボ穴を空けていきます。やり方は同じですが、穴の深さよりもダボの方が長かったので、8mm木工用ドリルでさらに深めに空けました。

 家の中でやったのですが、木くずがすごくて掃除はなかなか大変。

f:id:mitsunoriful:20201116164734j:image

 とりあえず組み立てて自立するようになりました。

 ダボだけで繋いでますが強度はありそうです。最終的には木工用ボンドで接着させます。未完成の状態でも靴は収納できるので試しに載せてみました。丁度玄関の空いているスペースにぴったり入るように測って組んだ載せられるで、まるで造り付けかのよう。

f:id:mitsunoriful:20201116165030j:image

 お手本のように完璧な作りとまではいきませんが、これはこれでスタイリッシュです。1段に3足載せられます。十分な収納力。子どもの靴なら4足は余裕。

 次回はニス塗りで完成といきましょう!

 

プライバシーポリシー お問い合わせ