ワイは初心者DIYer〜お手軽DIYから難関DIYのわくわく挑戦譜

初心者でもできるお手軽DIYや難易度の高いDIYへの挑戦

端切れを使ったファブリックパネルはエコ以上に価値あり

 メルカリでマリメッコの生地が手に入ったので北欧風ファブリックパネルを作ろうっと。

 たしか生地の大きさからして30×20のパネルが2つとれそう。

 前に作ったファブリックパネルよりも一回り小さくなるけど、それはそれでコンパクトでよさそう。

 

 さあ、やっていきましょう!

 Let's DIY!!!

作業の流れはこちら

⚫︎寸法を測る

⚫︎枠を作る

⚫︎生地を切る

⚫︎タッカーでとめる

 

f:id:mitsunoriful:20220505085309j:image

セリアで買ったプラダダイソーで買った角材。
f:id:mitsunoriful:20220505085332j:image

f:id:mitsunoriful:20220505085306j:image

角材が足りないので太いのを半分に切って使う。
f:id:mitsunoriful:20220505085335j:image

プラダをカットしていく。20cm×30cm。
f:id:mitsunoriful:20220505085303j:image

このサイズだと1枚で2枚分作れる。
f:id:mitsunoriful:20220505085326j:image

プラダをカットしたら角材を接着剤でつける。
f:id:mitsunoriful:20220505085329j:image
f:id:mitsunoriful:20220505085313j:image

これで枠が2枚完成!

f:id:mitsunoriful:20220505085927j:image

アイロンで生地のシワを伸ばす。
f:id:mitsunoriful:20220505085924j:image

載せるとこんな感じ。余白は2cmから3cm。
f:id:mitsunoriful:20220505085920j:image

タッカーでバンバン止めていく。角は写真のように折り込んでバシバシ止める。
f:id:mitsunoriful:20220505085453j:image

これで完成!壁に押しピンを2本平行に刺して引っ掛ける。軽いからOK!

 隣のムーミンの絵とモノクロのトーンがよく合う仕上がりとなりました。

 

♯3 庭に目隠しフェンスDIYでプライベート空間を実現

 お庭リノベーションプロジェクト

 目隠しフェンスをアルミ角柱アルミ平板で作っています。

 今回は前回の続き。庭のコーナーに目隠しフェンスを増設していきます。

 西側はすでに角柱を2本立てましたので、今回南側に1本立てます。

①穴を50cm掘って。

f:id:mitsunoriful:20220423195552j:image
f:id:mitsunoriful:20220423195555j:image
f:id:mitsunoriful:20220423195535j:image

②垂直にしたまま固定。
f:id:mitsunoriful:20220423195549j:image

モルタルを練って。

 ちなみにこれは自家製のトロ船です。カラー

ボックスの廃材で作りました。

f:id:mitsunoriful:20220423195528j:image

モルタルを穴に流し込む。
f:id:mitsunoriful:20220423195542j:image
f:id:mitsunoriful:20220423195532j:image
f:id:mitsunoriful:20220423195538j:image

残ったモルタルは他の角柱に。
f:id:mitsunoriful:20220423195545j:image

 今回の作業時間は1時間程度。

 慣れてきました。

♯2 庭に目隠しフェンスDIYでプライベート空間を実現

 お庭をプライベート空間にリノベーションするDIYをしています。

 前回、フェンスを貼るための柱を独立基礎で埋め立てました。

 今回はその柱にアルミ平板を貼っていきたいと思います。

f:id:mitsunoriful:20220410074904j:image

 アルミ平板は長さが2mもあるのでウッドデッキに寝かせて保管していました。

f:id:mitsunoriful:20220410075019j:image

 とりあえず自宅の庭の西側に角柱を3本立てました。高さを揃えるのが難しいところです。

f:id:mitsunoriful:20220410075114j:image

 ドリルねじを使いましたが、インパクトドライバーだととてもじゃないけど歯が立たないので、結局写真の振動ドライバーで下穴を開けてからインパクトで普通にねじ込むことにしました。時間はかかりますが、こっちのほうが結局効率的です。

f:id:mitsunoriful:20220410075247j:image

 とりあえず1枚目。高さを水平器で揃えますが、数ミリの微妙なズレあり。

 やっぱり水糸張らないとだめなんでしょうか。

 この辺が素人です。

 数ミリなら見た目は大丈夫。

f:id:mitsunoriful:20220410075432j:image

 2枚目、3枚目とどんどん貼っていきます。

 平板の間は1cmあけます。

 目隠しフェンスは間が1cm間隔でも十分な目隠し効果がありそうです。

f:id:mitsunoriful:20220416081820j:image

f:id:mitsunoriful:20220416081837j:image

 どんどん貼っていきたいところですが、ここらへんでタイムアップ。

 続きは次回へ!

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ