ワイは初心者DIYer〜お手軽DIYから難関DIYのわくわく挑戦譜

初心者でもできるお手軽DIYや難易度の高いDIYへの挑戦

10年ノーメンテのペダル交換はダイソーのレンチで!

⚫︎ノーメンテの通勤用ママチャリ

 通勤で自転車使っています。今から約10年前に妻に買ったママチャリです。

 もう使わないというので今は通勤用に私が使っています。走る距離は片道2km程度ですが、ないと困るので随分重宝しています。

f:id:mitsunoriful:20210420173610j:image

 そのママチャリも10年間ほとんどメンテナンスをしていないのでだいぶくたびれてきました。ノーメンテナンスといってもいくつかパーツは替えています。(カゴ、サドル、ブレーキシューなど)

 

⚫︎10年ものの固着したペダル交換に挑戦

 今回はなんとペダル交換にチャレンジしてみたいと思います。

 ペダルがボロボロになってきてそのままほうって乗り続けていたら、つうにペダルが割れて半分になってしまいました。ペダルが割れる初めて見ました。

 さすがに割れたペダルは漕ぎにくいので交換することとします。

f:id:mitsunoriful:20210420173702j:image

 ↑このままパキッと折れてしまいました。

 

 ペダル交換に必要なものはペダルレンチという15mmのレンチを長くしたような専用の工具なのですが...。

 

 値段は1300円くらいですが、ペダル交換にしか使えません。ペダルを交換するって1台の自転車人生で1回以上はないでしょう。多くても1回。きっとその前に乗りつぶしてしまうでしょうから。

 飽くまで個人の意見です。ペダルレンチの方がいいっていう人もいると思いますので。

 ということで今回ケチってダイソーの15mmスパナで挑戦してみようと思います。お値段110円(税込)です。

 ちなみ交換用ペダルはモノタロウのサイトで300円くらいでゲットしました。

f:id:mitsunoriful:20210420174207j:image

f:id:mitsunoriful:20210421064746j:image

 Amazonではこちら↓

 ネジの向きは自転車に乗る方向で右ペダルが時計回りで締まります。(いわゆる正ネジの向きです)

 そして左のペダルが反時計周りで締まります。(逆ネジの向きなので注意です)

 f:id:mitsunoriful:20210510174124j:image

 レンチを手で回してもびくともしません。

 10年間も外し方ことのないペダルはがっちりと固着してしまい、外すにはポパイか巨人でもよんでくるしかないのでしょうか。

 いやいやそんなことはありません。

 固着したペダルも工夫次第で外すことができました。

 外し方は至ってシンプルです。

 写真のようにペダルにレンチをかまします。そのままだとレンチに力を入れるとクランクがくるくる回っちゃうので反対側を何かしっかりしたもの(壁や柱など)にあてがいます。するとペダルが動かなくなりしっかり力が入れられます。そして、レンチに全体重をかけて足で思いっきり踏み込みだけです。

 このようにキックで外す場合は、勢いでレンチが飛んでいって危ないので注意が必要です。周りに車や人がいないように配慮しましょう。

 キックといってもやり方は蹴るのではなく足を使って全体重でグッと踏むという感覚です。

 

 さあやってみると...。

 

 「えいっ!!!!

 

  チャリーン!!

 

 レンチが落ちただけだと思ったら、ペダルはしっかり外れていました。

f:id:mitsunoriful:20210510174644j:image

 このままレンチで回していきます。

f:id:mitsunoriful:20210510174705j:image

 「外れたー!!!

 

 けっこう大変な作業になるかと思われましたが、作業時間約20分で終わりました!

 

 新しいペダルはしっかりとグリスアップしてから付けていきます。

 

f:id:mitsunoriful:20210511073726j:image

 それにしてもあたためて古いペダルをまじまじと見てみると....ひどい。でも、ねじ山は損傷もなく綺麗な状態です。

 

⚫︎ペダルの左用、右用に注意!

 ペダルには左用と右用があります。進行方向を前にして左が左用、右が右用となります。

 よーく見ると書いてあります。

 間違えずに取り付けて交換完了です。

f:id:mitsunoriful:20210511182142j:image

 ペダルだけ新品って変な感じですけど。やっぱり新品は気持ちがいいですね。

f:id:mitsunoriful:20210511182213j:image

f:id:mitsunoriful:20210511182244j:image

 

 

 

初心者DIYerがサイクポートを立てた!その後は?

⚫︎祝10000回再生突破

 YouTube で公開しているサイクルポートのスライド動画の再生回数10000回突破しました。一ヶ月で1450回再生なのでいいペースです。このままなら20000回もいけそうです。

 (わたしはちなみにYouTubeでの広告収入なんてありませんので。チャンネル登録お願いします!)

 ここまで注目してくれるとは思っていなかったので素直に嬉しいです。そして、見てくださった方ありがとうございます。

 調べてみると、サイクルポート(自転車小屋)をDIYで自作する人はいるのですが、リクシルYKKなどのメーカーが作っているものを取り寄せてDIYで組み立てる人はあまり類をみません。そういった意味ではオリジナティーが出せたと自負しております。

 サイクルポートDIYの記事を読みたい方はこちら↓

♯1 DIYでサイクルポートをたてます〜ハツりにはコツがある - ワイは初心者DIYer〜お手軽DIYから難関DIYのわくわく挑戦譜

   スライド動画はこちら↓

⚫︎DIYで立てたサイクルポートのその後

 さて、今回はDIYで立てたサイクルポートはその後どうなっているのかを報告したいと思います。立てたのは2020年4月ですから早1年経ったことなります。

 これから春が過ぎて、もうすぐ梅雨の季節に入ります。我が家でサイクルポートがどれくらい活躍しているか知ってもらいたいです。

 

 まずは外観からいきたいと思います。

f:id:mitsunoriful:20210502110923j:image

f:id:mitsunoriful:20210502110937j:image

f:id:mitsunoriful:20210502110951j:image

f:id:mitsunoriful:20210502111004j:image

 写真のように屋根こそ汚れはありますが、全くへこたれることはありません。リクシルのサイクルポートの耐用年数が何年かはわかりませんが、屋根も支柱も余裕で10以上は耐えられるでしょう。

 そして雨樋はというと.....。

f:id:mitsunoriful:20210502111032j:image

 こちらもゆるむことなく問題ありません。

 雨樋としての役割もしっかり果たしてくれています。

 f:id:mitsunoriful:20210502111126j:image

 次に支柱部分です。モルタルで埋め込みましたが、こちらも問題ありません。

 これだけモルタルで固めれば支柱がぐらつくことはありえないでしょう。

 

⚫︎まとめ

 まとめると汚れこそ目立ってきましたが、これはDIYでなくても同じでしょうがないことですので心配なし。そして大事な強度面、機能面についてですが、こちらも施工当初と変わらず大丈夫ということでした。

 屋根部分はポリカーボネートというプラスチックのような素材なので経年で劣化したらパーツ交換できそうですし、それもDIYした自分なら交換可能です。ポリカーボネートならホームセンターに売ってますからすぐ購入可能でしょう。

 以前にも報告しましたが、サイクルポートは本当に便利です。みなさん愛車を守るためのカーポートに目が行きがちですが、実際雨が降ったら困るのは自転車の方なんですよね。車はもともと濡れても大丈夫なようにできていますが、自転車は濡れるとすぐに錆びてダメになってしまいます。

 サイクルポートがあればこれらの問題を一気に解決できます。

  

 

 

 

4月自重トレの成果をほぼ写真だけで報告!

 4月は新年度の始まりということもあって、慌ただしい最中でしたが、何とか毎日自重トレを続けることができています。

 話は変わりますがこの時期は花粉症の症状鼻詰まりがたまにあるのですが、不思議と自重トレーニングをすると、(特に拳立て)鼻の通りがよくなって鼻詰まりが収まって楽になります。

 あと、これは前にも報告しましたが自重トレーニングのおかげで毎年寒い時期に苦しめられていた肩こりがなくなりました

 筋肉を鍛えることは、マッチョになることと同義ではなく、花粉症や肩こりなどの症状を未然に防いだり、解消したりするのに大いに役立つものだと思いました。

 なんのために自重トレーニングをするのか一言で言えば強くなるため。

 それは歳を重ねていくにつれて衰えていく、弱くなるのではなく、むしろ長年鍛えることで強くなっていくという意味です。

f:id:mitsunoriful:20210430200106j:image

 

  

トミカのおもちゃを修理しました!

 ⚫︎息子が愛用していたトミカのおもちゃ

 「トミカアクション高速どうろ」という名前の通り、おもちゃの道路で持っているミニカーを走らせることができます。

 坂の部分はスイッチを入れるとミニカーを登らせてくれます。ぐるぐるとミニカーが走り続けるので見ているだけで楽しいおもちゃです。

 

 もうトミカも卒業の時期と思っていたら最近また使い始めました。

 息子がお気に入りのミニカー走らせようとスイッチを入れると....。

 「あれっ」「動かない

 長い間使っていなかったから、電池がなくなったのかな。

 電池を新品のものに変えてもう一度トライ。

 「スイッチオン!

 

 「......(しーん)」

 「動かないよ

 

 どうやら原因は電池ではないみたいです。

 となると何なのか気になります。

 たしか去年の誕生日プレゼントにいただいたものなのでまだ1年経っていません。

 幸いこのおもちゃは、写真のようにねじ止めがしてあってネジをすべて外せば中を開けられそうです。

「どうせこのまま動かなければ捨てるだけだし、ダメ元で中を開けてみるかー

 と調子良く言ってみたものの。中を開けても何が原因なのかさっぱりわかりません。

 接触が悪いのか。それとも違う原因か。

 

⚫︎原因は....

 試しに、モーター部分を取り外してモーター単体で銅線を使って電池で繋いでみました。するとどうでしょう。モーターが動きません。当方ど素人ですが、ショウガッコウ3年生程度の理科の知識くらいは持ち合わせております。

 通電させてもモーターが動かないとなれば原因はモーターの故障です。ということはモーター新しいものに替えればまた動くかもしれない。

f:id:mitsunoriful:20210415185042j:image

 試してみる価値はあるかもしれないとそう思いました。

 

 幸いモーターは3.0Vのタイプで値段は160円。160円で一手間で直るなら申し分ないでしょう。ということでヨドバシカメラのオンラインショップでポチ!(残念!探したけどAmazonにはありませんでした。)

 

⚫︎新しいモーターがキター!

 次の日には注文した新しいモーターが届いていました。

f:id:mitsunoriful:20210415185053j:image

 早速動作確認すべくモーター単体で電池と繋いでみます。

 「ウィーン!!」

 動きました!

 

 これでモーター故障説がますます色濃くなりました。

 

⚫︎新品モーターに交換する

 動作確認のとれた新品のモーターを古いモーターのあった場所にそのまま付け替えます。そしてハンダで銅線部分を固定します。ハンダごてはダイソーにも売っていますから一つ持っておくとこうゆうとき便利かもしれません。

f:id:mitsunoriful:20210415185152j:image

 そして、外したねじを残すところなくすべて

締めて修理は完了です。 

f:id:mitsunoriful:20210415185218j:image

 結果は?!

 

 電源をポチッと入れると....。

 

 「ウィーン!!!!

 

 「動いた!!

 

 動作も問題ありません。大成功です。

f:id:mitsunoriful:20210415212653j:image

⚫︎修理完了

 今回は、たまたまモーターの故障と特定できましたが、もし違う箇所の故障ならお手上げでした。ただ銅線が切れたり(断線)、接触が悪いといった程度ならハンダで直せるでしょう。

 今回修理にかかった費用はモーター代の160円だけでした。

 わずか160円で5000円ぐらいのおもちゃがまた使えるようになるのならやってもいいかなという感想です。

 

 最後にみなさんおもちゃや機械を分解しても修理は自己責任でお願いいたします。

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ